early 20th c. indigo linen smock "biaude" pullover

20世紀初期頃につくられたインディゴ染めリネン・スモック。マキニョンという家畜の仲買人などが着たBiaudeと呼ばれるものです。プルオーバータイプです。このインディゴの色が美しい目の詰まったプルプルの薄手リネン地はフレンチ・アンティーク・ワークウエアの象徴的な布の1つです。左右の胸にボタン留めのポケット。腰の左右に中にアクセするためのスラッシュがあります。ネック周りにギャザーが入り、広い身幅で肩を落として着用するゆったりとしたシルエット。肩にY字のヨークの補強。風合いの良い貝ボタン(袖口は黒いガラスボタン)、ボタンホールは手縫い。全体的には使用感はほとんどありませんが、右袖の裏側に擦れて色が薄くなった部分があります。採寸は平置きで広げずに測っています。

サイズ:着丈93.5cm、肩幅62cm、身幅約82cm、袖丈50cm   France

 

Mindbenders&Classics
©2022 Mindbenders&Classics