シミが 模様になった服  、破れた穴がデザインになった服 

 

継ぎはぎが抽象画のような服 、手縫いの修繕が刺繍のような服 



茶色い白とグレーになった黒 、深いインディゴと褪せたインディゴ 

 



絵の具のついた画家の服 、獲物の血が乾いた狩りの服

 

土のついた農夫の服 、油に汚れた仕事着

 



針の跡に愛情を感じる服

 

 

大切に直しなおされ着古された服

 

 


百年間 誰にも着られず忘れられていた服

 

 

 

 



 

19世紀から20世紀初期頃のフランスの生活着や仕事着の美しさ。

 

良い素材、無駄のないデザイン、丁寧な仕事 。

 

その美しい布たちが、50年、100年、150年

 

それぞれの時間をそれぞれの人たちと経て、今、私たちの前に現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

©2018 MindBenders&Classics